案内

北原白秋 多摩川音頭の碑

日本を代表する詩人、童謡作家、歌人。

生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど大正から昭和の戦前に活躍した人物で、地元登戸の盆踊りなどでよく踊られるている「多摩川音頭」の作詞者です。

多摩川音頭は、三世教主、伊藤睦男元教務総監が中心となり、青年団の為に稲田村(生田以外の多摩区全域)の様子を唄として、子孫代々に伝えたいという願いから、北原白秋先生に作詞を依頼して作られたものです。

先生はこの依頼を快諾した後、度々登戸を訪れて丸山に寝泊りし、詩作にふけったようですが、酒宴に興じてなかなか出来ず、しびれを切らした青年団が菅から堰までの多摩川沿いを案内してまわり、風景や言い伝え、行事などをつぶさに見聞し、これがきっかけで詩作がすすみ、昭和3年に郷土の民謡として生まれたということです。

詩は31節からなり、郷土の名所、産物、地名などが見事に詠み込まれています。

画像 050.jpg

丸山教水祭 021.jpg

画像 004.jpg

画像 002.jpg

佐藤惣之助・佐藤紅緑・伊藤葦天 鼎座句碑

藤惣之助(さとう そうのすけ)
 
詩人、作詞家。神奈川県川崎市出身。
「人生劇場」「湖畔の宿」など、作曲家古賀政男と組み、多くの名曲を世に送り出しました。
 
 「句碑の句の中より雲雀鳴きいでよ」


佐藤紅緑(さとう こうろく)
 
詩人サトウハチロウ、小説家佐藤愛子の父。
「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られ、一般には小説家、劇作家としても有名でした。また、正岡子規門下では、高浜虚子等と共に四天王の一人としてうたわれた俳人でもありました。
 
 「天地のはじめの畑を誰が打ちし」


藤葦天(いとう いてん)
 
佐藤紅緑の門下生で、佐藤惣之助とは兄弟弟子となります。丸山教三世教主。俳人、郷土史家。著書に『稲毛郷土史』『穂』『川崎風土記』『多摩滸』などがあります。昭和47年第一回川崎市文化賞受賞。
 
 「ひとりだけ残りし信者炉辺親し」

なお、多摩区にある生田緑地・枡形城跡の山頂広場には、稲毛三郎重成を偲んだ伊藤葦天の句碑が建てられており、そこには、
 
 「馬場あとも やかたのあとも 秋の風 」
 
と詠まれた句が刻まれています。


画像 041.jpg

十国柱 (じゅっこくばしら)

明治21年10月20日建立

十国柱の名前の由来は、下から「 心国(しんこく)」「 人国(にんこく)」「 愛国(あいこく)」「 孝国(こうこく)」「 日国(にっこく)」「 生国(しょうこく)」「 桑国(そうこく)」「 明国(めいこく)」「 礼国(れいこく)」「水穂国(みずほのくに)」と、十の国の名が記してあることから名づけられております。

この「十国柱」は、人が人らしく生きるための〝心の物差し〟すなわち人の道の規範、宗教倫理として教祖様が定められたものです。

人は心しだいで良くも悪くも生きられます。ですから、十国柱の十の心に自分の心をあわせて信心に励めば、おや神さまの大御心とひとしい心になって、心身ともに健康な、生き生きとした心丈夫な生活をおくることができると説かれています。

しかしまた一方で、自分勝手な気ままな生活に浸かり、反省する事もなく心を放置しておくと、十に分けられた心のうちのどこかに乱れ、狂いが生じ、やがて心のホコリ(ストレス)となってたまって行き、心はからっと晴れるどころかジクジクと湿り、黒玉となってしまいます。信徒は、常にこの〝十の心〟 に自分の心を照らし合わせ、心の掃除につとめることが肝要とおさとしにもなられています。

なお、教祖様は十国柱にたいして、「塔は下から組め」とも仰せられています。一番下の心国を基点として、信ずる心を確固とし、一番上の水穂国まで一つ一つたんせいし、積み上げながら自己を形成してゆくこともまた修行とされています。

  心  国 = 信 心 ・信 念
  人  国 = 人 情 ・思いやり
  孝  国 = 孝 行 ・感 謝
  日  国 = 人火生(にんかしょう) ・倹 約
  生  国 = 人生(にんしょう)・勤 労
  桑  国 = 人 相・ 反省、詫入れ
  愛  国 = 愛 敬・ 忍 耐
  明  国 = 明 理 ・道理、協同
  礼  国 = 礼 儀 ・助け合い
  水穂国 = 元種(もとだね)・謙虚奉仕




藤棚(丸山の六尺藤)

丸山教の境内には樹齢120年程のフジの木があり、並んで立つクスノキとともに川崎市の「まちの樹50選」に指定されています。
 
この藤は、明治17、18年ごろに埼玉県春日部の信者が、現特別天然記念物で当時関東一と称された「牛島の九尺藤」の穂を接いだものと言われています。毎年4月下旬から5月上旬にかけて房が長く垂れ、紫色の藤の花が満開になります

DSCF1451.JPG

御試石 (おためしいし)

明治20年旧8月12日より、七十二日間の断食行がおさめになったので、10月24日、教祖は夕方庭にお出ましになり、おりから石屋がころがしておいた房州石を見られ『一つ力をためしてみよう』とおおせられ、下駄ばきのまま左右上下四度、空樽でもあつかうようにかるがると四度さし上げて元の所におかれました。参詣人もつめあいの役員も、あのお年で、七十二日絶食のはてに、かようなお力があるのは人間わざではない』と、みなみな大いに驚き、その石の目かたをはかってみたら、二十八貫あったといいます。

それからこの石を「御試石」と名づけて教祖様御修行の記念とし、今も御法殿の東側に百年余の歳月を経て、すでに角は風化し丸くなっておりますが保存されております。皆様方もご参拝の折には、教祖様のご修行を偲びながらご覧頂きたいと存じます

画像 037.jpg

IMG_0950.jpg

丸山幼稚園

昭和22年に川崎市登戸に幼稚園設立計画が持ち上がり、昭和23年には地域の皆さんからの要望で、夏休みと日曜日だけの保育が始まりました。昭和24年3月31日付で、神奈川県知事より個人立幼稚園として認可を受け、同年年4月、ここに丸山幼稚園は創立されました。
 
初代園長には、設立者でもある副教主の伊藤 等先生が就任され、教員1名、園児数12名程で開園致しました。又、翌年3月には、第1回卒業式が行なわれました。当初は3年保育で運営されましたが、2才児もいたと記録されています。

登戸静修校記念碑

全国的経済不況により、有能な人材の都市流失の現状を訴え、人材養成による村おこしのため、大正14年に隣村長尾に在った静修塾の後を受けて、教団の社会事業の一環としてこの地に知事認可の登戸静修校を開校しました
 
昭和19年12月に学徒動員法により閉校を命じられるまでの短い期間でしたが、卒業名簿によると生徒400余名が在籍し、地域における有用な人材を数多く輩出しました。しかし、当時は戦時下にあり、徴兵され不幸にして戦死した生徒も50余名を数えました。
 
同窓生有志の方々が後世にこの歴史を伝え、これを記念とするために昭和63年11月に静修校跡地の前面に参道を隔てて建立されました。

画像 064.jpg